【イチオシ記事】ニートからの脱出を目指すおまいらの為に人生の極意をおしえてやろう

自由に働きたい人のための「Webライター」のなり方

「明日からは本気を出して生きるんだ!」と決意したものの、日常の生活や仕事に追われるとその気持も萎えてしまう・・・なんてことはないですか?

何だかんだ言っても生きるにはお金がいります。

しかし流されるままに仕事をしているだけでは、なかなか惰性から抜け出せません・・・。

 

もっと自由に働きたいけどスキルも資格もない、そう悩んでいる方に「Webライター」という仕事を紹介します!

簡単に言ってしまえばお客さんからの依頼を受け、要望に合う文章を書くお仕事のことです(ライティングとも言います)。

 

私自身もWebライターとして活動しています。

パソコン一台あれば場所も時間も選ばずに仕事できるのが魅力です。

理系の大学出身で執筆の訓練を受けたことはありませんが、実績を上げている方に教わりながら試行錯誤することで、初めの1ヶ月でも10万円以上の報酬を得られました。

 

Webライター以外の仕事も行っていますが、今でも平均して10万円くらいは毎月稼ぎ続けています。

そのために実践したことをまとめてみます。

副業としても最適なので、ぜひ実践してみてください!

クラウドソーシングを利用してみよう!

Webライターのなり方もいろいろありますが、まずは「クラウドソーシング」を使うことをオススメします。

クラウドソーシングとはランサーズCrowdWorks(クラウドワークス)といったサイトが代表的ですが、仕事の発注者と受注者をオンラインでつなぐ仕組みです。

 

仕事を始めるにあたって何が大変かといえば、、、「営業」。

実績がない状態からお客さんを探すのは難しいですが、クラウドソーシングを使えばその手間を大幅に減らせます。

報酬の一部は手数料として引かれてしまいますが、それでも十分価値はあると思います。

以下に使い方の流れを説明します。

まずはプロフィールを作って本人認証する

クラウドソーシングサイトは登録するだけなら無料なことがほとんどです。

プロフィール欄があるので、得意分野などをできるだけ詳しく書いておきます。

可能であれば免許証の画像などを送り「本人認証」しておくと良いです。

必ずしも行わなくてもよいですが、個人的な感覚では仕事を受注しやすくなります(クライアントからの信頼を得やすくなるため)。

 

プロフィールの文章については悩ましいですが、略歴や得意分野を書くとお客さんの目に止まりやすくなります(私の場合は理系なので、論理的に文章を書くのが得意だとアピール)。

プロフィールはもちろん充実しているにこしたことはありませんが、提案文(お客さんに営業するための文章)が良ければ構わないという意見もあります。

いつでも修正はできるので、あまり悩みすぎずにとにかく始めてみましょう~

最初はひたすらに書いてみる

プロフィールができたら「仕事を探す」ページがあるので、ライティングの案件を見つけます。

自分が詳しい分野があればラッキーですが、始めのうちは知らない分野でもチャレンジしてみてください。

知らなければ書けないのでは・・・と思うかもしれませんが、いまはネットがあるので詳しく調べて書き上げられます。

とはいえ文字単価0.2~0.3円など安い仕事をやり続けると消耗することも多いと思うので、できれば文字単価1円以上を狙いたいところです。

私の場合は文字単価が0.8円以上であれば、よほど専門的な内容でなければ分野を問わず営業していました。

営業は量が大切

仕事をもらうためにはお客さんに提案(応募)文を送る必要があります(案件の詳細ページにだいたいあり)。

案件ごとに作れればベストですが、それでは手間がかかりすぎます。

私は8割プロフィールと同じテンプレートを作り、案件ごとにちょっとだけ工夫して送っていました(◯◯の経験があるのでそれを活かして執筆したいと思いますなど)

タイミングが合えば実績がなくても仕事をいただけるので、最初は数が肝心

提案は通らないことのほうが多いですが、気にせず営業し続けて仕事をとりました。

やっていくなかで自分が可能なペース配分などがわかってくると思います。

仕事は丁寧に行う

当たり前ですが受注できた仕事は誠意をこめて行います。

クライアントからの指示をよく読み、構成や意図がずれないように、誤字脱字がないように気を配って進めて納品します。

いくら経験が浅くてもお金をもらうので、全力で取り組みます。

納期も死ぬ気で守ります。

もしクオリティの高い記事を書ければよい条件で継続案件をもらえたりするので、その意味でも大切です。

ただしあまりに完璧主義になりすぎると、苦しくなってしまいます。

100%にはどうしても至らないので、ある程度のところで提出して判断を仰ぐことも大事です。

注意すること

仕事は始めてみないとわからないこともありますが、依頼内容にはよく目を通しておく必要があります。

いくら良い文章でも、クライアントの要望に沿えられなければ仕事が成立しません。

文字単価が高くても、画像の挿入を求められると手間が増えるのでそこも要チェックです。

著作権の問題もあり勝手にネット上の画像を使うわけにもいかないので、Pixabayなどのフリー写真サイトを使ったりしますが意外に時間がかかります。

また初めのうちは8000字などの文字数が多い案件も苦しいと思います。

それだけの分量があるとネットのみでなく、書籍などの情報も含めないとちゃんとした文章を書き上げにくいですからね。

個人的な好みかもしれませんが「リライト(すでにある文章の書き直し)」も、どの程度修正すればよいのか分かりづらく苦手です。

継続してライティングをするなら

もちろん文章を書くことにコツはありますし、良い仕事をとるためのテクニックもあります。

しかし初めのうちは量をこなす根性!がいるなと感じました。

実績がないので安い仕事でも黙々とこなして、書くのが嫌になってもめげずにやり続けました(最初は8時間で2,000字とかしか書けなかった・・・)。

もっとスマートな方法もあるのかもしれませんが、誰しも通る道なのかもしれません。

逆に言えばガッツさえあれば誰でもライターにはなれるように思います。

 

仕事をしているとだんだんとスキルは上がりますが、漫然とやっているだけだとあまり成長しません。

時間を測りながら30分で何文字書くと決めたり、良い文章を書くコツを学ぶ必要があります。

成長せずに単価の安い仕事ばかりをしていると、初めはよくてもだんだん疲れていってしまいます

 

また、ちょっと空腹を維持したり睡眠をしっかりとるなどの体調管理も意外なほど大切です。

パフォーマンスに大きな違いがでます。

書く気合を入れるための儀式(コーヒーを飲む)などもあると、やる気がないときでも淡々と仕事を続けやすくなります。

自分の型と専門性をもつ

仕事の数をこなしたり、良い文章を書くための記事や本を読むと次第に自分のなかに「型」ができてくると思います。

こんな手順でこんな構成で書けば、どんなテーマでもよい文章にできるといったものです。

ノウハウをインプットしつつ、自分の型を探せるとよいですね。

SEOの知識はとくに大切。

 

<おすすめの記事>

バズ部⇒https://bazubu.com/category/landingpage/copywriting

マツオカミキさんのブログ⇒http://matsuokamiki.com/archives/1097

 

<おすすめの本>

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング 唐木元

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— 松尾茂起

 

実績がついて仕事を選べるようになってくれば、自分の得意分野で執筆できるようになってきます。

そうするとより単価の高い案件をとれたり、仕事しながら自分の勉強になったりもします。

そんな良いサイクルを回すためにも、自分の専門性をつける意識は必要です。

ライティングを仕事にした感想

オンラインの仕事なので事務的でドライな仕事になるのかなと思っていましたが、そうでもありませんでした。

お客さんの文章から熱意が伝わってくると、こちらとしてもやる気が出ますし、それで喜んでもらえると本当にうれしくなります。

 

必死に続けていたら1か月半くらいでランサーズサイトの「認定ランサー」になりました。

全体の上位20%以内の業績があったり、仕事の達成率が高いといただける称号のようなものです。

CrowdWorks(クラウドワークス)においても似たような仕組みで「プロクラウドワーカー」という称号があり、仕事の受注率も上がるので励みになります。

クラウドソーシング以外でもWebメディアなどで書かせてもらう機会も増え、最近はだんだんと自分の好きな内容を安定して書けるようになりました。

 

また、大きな成果として文章を書く力が格段に上がったなと思います。

執筆のスピードはもちろん、より自分の表現ができるようになったなあと。

いまはブログやSNSがあるので、書く力があれば個人でも強い発信力をもてます。

これは大きな武器です。

 

もちろん向き不向きはあると思いますが、慣れてくれば時間や場所を選ばずに仕事できます

実績を積んで専門性が高くなれば月に50万円近く報酬をあげている方もいます。

うまく戦略性をもてば働きながら自分の好きな分野を学び、さらに発信力をつけられる仕事です。

クラウドソーシングなら仕事の空き時間でも手軽に始められるので、ぜひ。Webライターを目指してみてください!

明日から本気出す!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA