【イチオシ記事】ニートからの脱出を目指すおまいらの為に人生の極意をおしえてやろう

スリランカ放浪記 その4~スリランカ第一の都市コロンボ~

遺跡巡りが終わって空の玄関口もあるコロンボへ。スリランカで最も発展した都市である街を散策。

スリランカの首都は「スリジャヤワルダナプラコッテ」という所なのだけれど、経済の中心地で最も栄えているのは「コロンボ”COLOMBO”」という街になる。

ある意味スリランカらしくない、とも言われたりするが最も発展が進んでいてスリランカの勢いやポテンシャルを感じる街でもある。

半日くらいだったのでささーっとだったが、コロンボを見て歩いた。

コロンボ市内

コロンボ市内

今回のスリランカはコロンボの北東部「カダワタ」を拠点に回っていたのだが、そのカダワタからコロンボまでは車で45分くらい(平日だから少し混んでいた、土日はもっと早く到着するらしい)。

素朴な街並みが一転、大きなビルが見えてくる。

コロンボ市内

ヴィハーラマハーデーヴィ公園付近から。

この辺はタクシーやトゥクトゥクで移動しても変なぼったくりや客引きに合わないので、落ち着いて移動できる。

Lotus_Tower

wikipediaより

こちらは「ロータス・タワー」と呼ばれる電波塔。

いまスリランカで最も高い建造物であり完成すれば、高さは350mで南アジアでも有数の高層建築。

東京タワーと同じく電波塔の役割を果たすので、スリランカのシンボルになっていくと思う。

なんとなくロータス(蓮)というより、紫たまねぎに見える、笑。

コロンボ アーユルヴェーダ

で、なんでスリランカを味わいにきたのに、こんな都会に出てきたのか。

それは・・・。

コロンボ アーユルヴェーダ

「アーユルヴェーダ」を受けるためなのです!!

知らない人のためにさっと説明すると、アーユルヴェーダはインド大陸に古くから伝わる伝統医学のこと。

瞑想、オイルマッサージ、食事療法を通じて心身のバランスを整えることが目的になる。

これを前から受けてみたかった・・・。

スリランカに来たのは偶然だけど「行くからには本場のアーユルヴェーダを体験するしかないっしょ!」ということでExSerendib Ayurveda Cure & Therapyというお店に。

本当は1週間とかかけてじっくりと直していくのだけど、今回はお試しで3時間のマッサージだけ。

一緒に旅をしていた友人は市場とか別な場所を観光するとかで、ひとりで出向いた。

コロンボ アーユルヴェーダ

店内から。

予約して行ったからすぐに案内してもらえた。

英語できちんとやり取りできるか不安だったけれど、日本人もよく来るのか受付は日本語でOKだった。

ちなみにアーユルヴェーダは受ける前に先生から問診や触診のようなことをしてもらい、そこで現在の体調を見ながらバランスを整えていく。

コロンボ アーユルヴェーダ

帰りがけにはこんな物をもらえる。

その人がどの時間帯にどんな行動を取ると良いのか?(バランスが整うか?)、を記したものである。

正直なところあまり理解していないのだが人間は「風(ヴァータ)」、「火(ピッタ)」、「水(カパ)」の3つのエネルギーを持っていて、その割合で体質が決定するらしい。

自分の場合は全体的に風の性質が強い。そして風の性質が、生まれ持った比率からちょっと過剰に傾いていると言われた。

誰にでも言えることだが、自分にとってベストなバランスから解離すると心身の具合が悪くなる。

先生「なので風の性質を抑えるようにマッサージしましょう。」→私「・・・よくわかりませんが、それでお願いします・・・」

まあこの辺の小難しいことはわからなくても問題ない。

とにかくマッサージはよかった!体が覚醒する感じ。

アーユルヴェーダのためだけにスリランカの来るという人もいるらしいが、その気持ちもわかる。

コロンボビーチ

マッサージ明けのすっきりした気分で「ゴール・フェイス・グリーン」というビーチへ。

コロンボの街は海に面している。

タクシーに乗って近づいただけでも何だか賑やかそうだなという感じがあったが、現場はもはやお祭りのような雰囲気。

あれ・・・まだ金曜日の午後3時くらいなんですが。みんな仕事は・・・(日本人的心配)。

コロンボビーチ

スリランカでは凧が大ブームらしい。

老いも若きも無邪気に凧を飛ばしている。

コロンボビーチ

波打ち際にも人が多い。

コロンボビーチ

ガヤガヤとした喧騒の向こうで開発の進む都市。

きっと10年くらい後にはお台場か、それ以上の先進都市になるのではという予感。

コロンボビーチ

屋台も出ていて食べ物が売られている。

豪快なエビの素揚げとか、パリップ・ワデーと呼ばれるコロッケの親戚みたいなお惣菜があり。

うまい。

コロンボビーチ

マーケットみたいな感じになっていて、凧とかおもちゃを買える。

・・・ということで。

コロンボビーチ 凧揚げ

凧を飛ばしてみた。

ライオンの顔がでかでかと見えるカイトは、海風に乗って飛ぶ飛ぶ。

コロンボビーチ

スリランカの国旗が掲げられている。

イギリスの軍服を着た人が何か儀式のような、ダンスのようなことをしていた。

以前イギリスの植民地だったことと、関係があるのだろうか?

コロンボビーチ

何だかこう平和だなあと思った。

毎日躍起になって幸せを探しながら、忙しく動き回っているのがバカらしくなってしまうほど。

人生これでよいのに。

日本でうつ病になっている人とか、みんなスリランカに来たら良い、笑。

コロンボ 日本食店

という満ち足りた気持ちで今日の夕飯に。

「くふ楽」というお店で日本食なり。

スリランカとは・・・。

コロンボ 日本食店

日本ではあまり見ないちょっと変わった一品もあるけど、どれも美味(左上のチーズたっぷり焼き鳥とか)。

滞在が一週間くらいだったからあまり感じなかったけれど、こっちに住んでいる友人は日本食が恋しくて仕方がなくてよく訪れているらしい。

コロンボ 日本食店

白玉ぜんざい。

まさかスリランカで食べるとは思わなかった・・・。

微妙に日本のやつと比べて風味が違う気もするけど、これも美味しい。

 

そんなわけでコロンボ終了。

何気に海岸での穏やかなひと時が、スリランカで一番印象的な時間だったかもしれない。

実はこの平和を感じた夜になかなか破天荒な体験もしたのだけれど、それは語れる日がくるのだろうか・・・。ブログ内ではないかな、笑。

次は最終回。スリランカ南端の街「ゴール」から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA