【イチオシ記事】ニートからの脱出を目指すおまいらの為に人生の極意をおしえてやろう

【ドイツ旅】ドレスデンの秘境「ザクセンのスイス」と「バスタイ橋」への行き方

先日ポーランド→チェコ→ドイツと経由しながら、人生で初めてのヨーロッパ旅行をしてきたのですが、旅の途中でドレスデン(ドイツ東部)の「ザクセンのスイス」に立ち寄りました。

10日くらいかけてあちこち見て回りましたが、一番感動したのがこのスポットです。
ザクセンのスイスは国立公園の中にあり、一番の見所は断崖絶壁にかかる「バスタイ橋」からの絶景。

秘境的な美しさがありながらアクセスが良いので、都市部から半日~日帰りでの観光も可能です。
いろんな人に訪れてほしい場所だなと感じたので、ザクセンのスイスへの行き方を紹介してみました!

ザクセンのスイスへの行き方

  • ドレスデン駅→クアオルト・ラーテン駅
  • クアオルト・ラーテン駅→山道
  • 山道→バスタイ橋

ドレスデン駅→クアオルト・ラーテン駅

ザクセンのスイスの近辺で最も大きな街は、ドイツ東部でチェコとの国境も近い「Dresden(ドレスデン)」です。
海外旅行中にザクセンのスイスに立ち寄るなら、ドレスデンからが一般的。

ベルリン、ミュンヘン、フランクフルトなどと比べるとややマイナーですが、落ち着いて整った都市といった雰囲気でした。
ドレスデン城など見どころも多いので、余裕があれば1~2泊しての観光をおすすめします!

ドレスデン城周辺

ドレスデン城周辺

さて、ザクセンのスイスへの行き方を紹介していきます。
まずは「ドレスデン駅(Dresden Hbf)」からスタート。
※Hbfとは交通の要所になる中央駅を指します

ザクセンのスイスの最寄り駅である「クアオルト・ラーテン駅(Kurort Rathen)」を目指します。

ドレスデン駅

券売機でクアオルト・ラーテン駅までのチケットを買って列車に乗り込みます。
片道で買って6.5ユーロ(2019年6月現在で800円くらい)でした。

30分に1本くらいは発車しているので、事前に時刻表などは調べなくても大丈夫です。

ドレスデン駅の券売機

ドレスデン駅の電光掲示板

ドレスデン駅の電光掲示板

クアオルト・ラーテン駅までは約30分の道のりです。
途中で乗り換えもありません。

国鉄の車内

近代的でキレイな車内。
サイクリストも多いのか自転車を立てかけられるよう、収納式の座席も設置されています。

クアオルト・ラーテン駅→山道

クアオルト・ラーテン駅

クアオルト・ラーテン駅

クアオルト・ラーテン駅についたらフェリーに乗り換えます(ザクセンのスイスはラベ川を挟んで向こう側)。
さほど大きな川ではないですが橋などは架かっていないので、渡るにはフェリーしかありません・・・。

駅からフェリー乗り場までは徒歩3分程度なのですぐそこです。

フェリー乗り場

フェリー乗り場

片道で1.2ユーロ(往復チケットを買えば2ユーロ)。
3~4分ほどで向こう岸に到着します。

電動モーターなどは使っていないようで、両岸にかけられたロープで振り子のように動くのが印象的でした。

フェリーからの風景

ちょっと面倒くさいですが、フェリーからの景色も風情があっていい感じです。

対岸についたらハイキングスタート!
左側にレストランやお店があり、右に小川がある道に沿って進んでいきます。

ザクセンのスイスのふもと

ザクセンのスイスのふもと

田舎のヨーロッパらしいのどかな風景が続く。
飲食できるお店もちらほらあるので、腹ごしらえしてから登ることも可能です。

ここが分岐点。
ザクセンのスイス最大の観光スポット「バスタイ橋」に向かうには、ここで左折します。

そして少し上がった場所のここから左上に。
余談ですが筆者はここでまっすぐ進んでしまい、自然遊歩道に迷い込んでしまいました・・・。

まあそこもキレイだったのですが、けっこう寄り道になってしまうので時間があまりなかったり、サクッと名所だけを観光したい方は左をオススメします。

ちなみに看板はあちこちにありますが、ドイツ語で書かれていて読めない場合も多いです・・・(当たり前)。

「Bastei」の文字が目印

迷ったら「Bastei」の文字を目印に

そのためあらかじめMapを持っていくか、SIMを入れてGPSが使えるようにしておくと迷いにくくて安心。


山道→バスタイ橋

上の写真の道から左に上がったら、あとはひたすら山道を登っていくだけです。
舗装されて階段になっている部分も多いので、傾斜はけっこう急ですが体力に自信がない方でもいけると思います。

家族連れやカップル、犬を連れて登っている観光客も多くいました。

階段が終わって、林に囲まれた道を歩いていくと、ゴツゴツした岩肌が見えてきます。
ここまでくればあと少し!

人によってペースは違うと思いますが、1時間ほどあればバスタイ橋までたどり着けるはずです。

途中には見晴らしスポットもあり。
ここからの景色も素晴らしいです。

バスタイ橋からの絶景!

ザクセンのスイス一番の観光スポット「バスタイ橋」に到着!

バスタイ橋

自然が作り出した芸術品のような奇岩が立ち並ぶなかに、どっしりと構える石橋はまさに絶景です。
バスタイ橋そのものは入場料などが不要なので気軽に楽しめますが、ザ・絶壁なので高いところが苦手な方はちょっと注意かもしれません。

ちなみにこの場所にはかつて「ノイラーテン城」というお城があったらしく、2ユーロ払えばその跡地も見学できます。
ここからの眺めも良いので、バスタイ橋の後はぜひこちらも要チェック。

山道から登っていくと、バスタイ橋の少し手前くらいにチケット売り場があります。

ノイラーテン城のチケット売り場

ノイラーテン城のチケット売り場

どこを見てもインスタ映えするので写真を撮りたくなりますが、スマホの落下には注意!
落としてしまったら回収はキビシイです。。

また、バスタイ橋の付近にはレストランもあり、けっこう観光地っぽくなっています。
ホテルもあるのでじっくり楽しむなら宿泊もあり。
都市部で宿をとるよりも爽やかな朝を迎えられそうです。

帰りは同じ道を引き返します。
行きよりもスイスイ行けるはずですが、スリップには注意しましょう。

疲れていなければ30分くらいで、先ほどのフェリー乗り場まで戻れるはずです。

クアオルト・ラーテン駅周辺では休憩も可

山登りで疲れたのでクアオルトラーテン駅近くのレストランで昼食を取りつつ休憩。
せっかくなのでドイツ的なメニューを頼んでみました。

ハムもサラミも、チーズもおいしいけど、味が濃い・・・。
ドイツの人はミネラルウォーター感覚でビールを飲むので、おつまみには良いのかも。
お酒が飲めないのが悔やまれる・・・。

 

以上、ドレスデンからドイツの秘境「ザクセンのスイス」への行き方でした。
お城で有名なドイツですが、自然豊かなザクセンのスイスもぜひ訪れてほしい癒しスポットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA