【イチオシ記事】ニートからの脱出を目指すおまいらの為に人生の極意をおしえてやろう

スリランカ放浪記 その5~蒼穹の岬ゴール~

スリランカ最大の都市コロンボを見て回って、最後は南のリゾート地ゴールへ。

全部で6回に分けて綴ってきたスリランカ放浪記も今回で最後。

実はこの「ゴール”GALLE”」の街は行くつもりはなかったのだが、スリランカ在住の友人が「スリランカで一番良い!高速バスですぐに行ける」とのことで急遽行くことに。

コロンボ周辺でだらだらしているよりは良いか、と思いコロンボのバスターミナルへ。

コロンボ・バスターミナル

スリランカは公営、民間の両方でバスを運営しており主要都市はバスで行き来できる。

とくにゴールは最近ハイウェイができたらしく、遠いと思いきや意外と楽に足をのばせる。

1時間15分くらいで到着。450ルピー(安い!)。

ゴールの街並み

しかしゴールに到着するやいなやスコールのような雨。

8月の乾季を狙ったが降るときには降る。雨季はこんなものではないらしく、道が川になるらしい。

ゴールの街並み

と思ったらすぐに止んだ。

むしろ適度に気温が下がってよかった。

ゴールの海岸

ゴールは旧市街地と新市街地に分かれている。

そのうち旧市街地は砦に囲まれた、ヨーロッパに支配されていた頃の名残のある洋風の街になっている。

岬の先には白く輝く灯台がある。

ゴール海岸

ゴールの海。蒼穹の空と、碧海の水平線。

ゴール海岸

ビーチでは海水浴もできる。

この日は暑かったので海水浴客もたくさん。

ゴール海岸

波打ち際から少し離れると、まだ砕き切れていないサンゴの破片が無数に転がっている。

ゴール海岸

砦の上の遊歩道から海を見下ろして。

ゴール海岸

南端の辺りのビューポイント。

絵葉書にもなりそうな景色が続く。

写真はうん、もう少し勉強しよう・・・。本当はもっと美しい風景なのだが。

ゴールの街並み

バケーションにやって来ているであろうヨーロッパの人が多い。

他のキャンディやポロンナルワではあまり見かけなかったけれど、ここでは3~4割くらいが白人旅行者なイメージ。

スリランカ感なし、笑。

おしゃれな外車がオブジェとして置かれている。

ゴールの街並み

街を囲む砦と、遠くてよくわからないがシンボルである時計塔。

かつては城塞都市だった。

でも無駄なく質実剛健な感じがカッコよい。

ゴールの街並み

こちらは新市街の方。

雰囲気としてはキャンディとかに近くて、地元の人が多く屋台でにぎわっている。

 

ということでゴールの街について終了!

事前に調べたときはあまり印象に残らなかったけれど、ヨーロッパの人にとってはリゾート地として有名なのではないかな?

それくらい肌の白い人が多かった。

海のキレイさと地中海的な街並みは、ゆったりと観光するには最適だなあと思う。

スリランカ感は・・・少し薄いけど、笑。

 

スリランカ旅行まとめ

せっかくなので各都市ごとに紹介しようと分割したら、けっこう長くなってしまった。

もし全部見てくれた心優しい方がいたら、ありがとうございますm(__)m

スリランカはそもそも場所すら曖昧という国だったけれど、行ってみたらかなり愛着がわいてしまった。

歴史的な遺跡群に、雄大な自然を残す国立公園、異文化と融合する街並みに、これからどんどん経済的にも成長していくんだろうなというポテンシャル。

さまざまな魅力を一度に体験できる楽しい国だった。

旅行地としてはまだマイナーでありつつも、ぜひ訪れてもらいたい国です。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA