【イチオシ記事】ニートからの脱出を目指すおまいらの為に人生の極意をおしえてやろう

20代薬剤師が転職するなら求人件数5万件以上のマイナビ薬剤師がおすすめ!

お金・・・残業・・・人間関係・・・人は様々な理由で転職をします。

特に薬剤師となると女性率が高く狭い空間にずっと居る為、女性特有の複雑な人間関係に疲れる事も多いでしょう。

病院薬剤師の場合も他の業種と比べ年収が低く設定されており、生活も必然的に苦しくなりますよね。

今回はそんな転職を考えている20代薬剤師に向けておすすめする転職サイトマイナビ薬剤師の紹介をします!

マイナビ薬剤師の詳細を確認する

マイナビ薬剤師とは?

利用者満足度5年連続No.1を誇る薬剤師専門の転職サイトで、業界最大級のマイナビが運営しているサービスです。

主な特徴としては面談による手厚いサポートとマイナビの持つ太いパイプを生かした豊富な求人数が特徴と言えるでしょう。

専門のキャリアアドバイザーが全国のドラッグストア、病院、企業に足を運び生の声を収集しています。

マイナビ薬剤師の詳細を確認する

マイナビ薬剤師をおすすめする7つの理由

50,000件以上の豊富な求人数!

マイナビ薬剤師公開の情報によれば、転職者一人あたりの紹介求人数は平均18件を超えておりその中から納得のできる求人に出会えた転職者が多いようです。

他の転職サービスと比較すると50,000件の求人数とは決して高い求人数とは言えませんが、「薬剤師」と言う専門的な求人に絞った数と考えると他のサービスと比較して多い求人数と言えるでしょう。

非公開求人を多く取り揃えている!

非公開求人とは一般には公開されないそれぞれの転職サービスが独自で募集している求人の事です。

応募者が少ない事から優良条件でありながらも倍率が低い求人が多く転職者にとっては美味しい案件と言えるでしょう。

マイナビ薬剤師はそんな非公開求人を約30,000件抱えており、競合が少ないレアな求人にありつける可能性を秘めています。

転職者との面談に力を入れている!

マイナビ薬剤師最大の特徴がこの転職者との面談に力を入れている点でしょう。

通常の薬剤師向けの転職サービスでは電話やメール対応だけで済ませると言った例が多く、その中で転職者一人一人と面談し希望をヒアリングしおすすめの求人を提案するマイナビ薬剤師のスタイルは非常に高評価です。

そしてただ自分に合った条件の求人を提示するだけではありません。

「今後どうなりたいか?」「今後どのような仕事をしたいか?」と言った深い部分の掘り下げを行い、本当の意味で自分に合った求人を一緒に探してくれるのがマイナビ薬剤師の転職エージェントの強みでしょう。

事務所が全国的に展開しており、地方に住んでいても面談を受けられる!

都内に拠点が一極集中している転職サービスも多い中、マイナビ薬剤師は全国14箇所に拠点を設けており、地方在住の人も面談を受ける事ができます!

拠点の場所は

新宿/埼玉/千葉/神奈川/北海道/宮城/名古屋/石川/大阪/京都/兵庫/岡山/広島/福岡

に位置しており、もし事務所が無い地域の場合でも「出張相談会」を開催いるので

函館市/盛岡市/群山市/新潟市/長野市/高崎市/宇都宮市/水戸市/つくば市/静岡市/富山市/姫路市/草津市/高松市/松山市/熊本市

などの地域であれば面談をする事が可能です。

ママ薬剤師・ワークライフバランス重視など・・・ケース別の求人特集を紹介している!

子供が居るから早く帰りたい・・・!

仕事も大切だけどしっかりと自分の趣味の時間も取りたい・・・!

など転職をするにしても一人一人希望の条件が違います。

マイナビ薬剤師ではそんなそれぞれの希望をケース別に特集しており、選ぶ際のポイントやおすすめの求人をまとめて紹介しています。

ママ向け求人の場合

【調剤薬局・ドラッグストア】総合病院の門前やパートも選択肢に

薬剤師の職場として、最も求人数が多いのが調剤薬局とドラッグストアです。
開業医などの門前で営業している店舗は少人数で回しているところが多いため、時間の融通が利かないケースも多いようです。一方、総合病院の門前では処方せんの大半がお昼過ぎまでの受付になるところが多いので、病院同様に午前中だけのパート勤務ができる可能性があります。

引用:https://pharma.mynavi.jp/r/fd_0110-0256/?lp=on

時間的な融通を利かせたい場合は、総合病院の処方せんを狙うと良いようです。

院内に託児所が設けられている病院もあるので、そのような細かいポイントを踏まえた求人が紹介されています。

ワークライフバランス重視の求人の場合

自分が譲れない条件を明確にしておく

一言でワークライフバランスと言っても、ひとりひとりの生活スタイルによって優先するポイントが違ってきます。まずは、自分自身が譲れない条件を明確にし、それを元に転職先を検討しましょう。たとえば…

・平日はある程度残業OKだけど土日は休みたい
・平日は残業できないけど土曜日は出勤できる
・子供が小さいので急な休みが取りやすい職場がいい

引用:https://pharma.mynavi.jp/r/fd_0260-0228-0256/?lp=on

ワークライフバランスを重視した転職をしたい人は、まず自分に合った求人を探す前に自分が絶対に譲れない条件を明確にする自己分析を行う事がポイントとして挙げられています。

同時に複数社の面接を受ける事が可能!

通常の転職サイトであれば一社・・・多くても同時に二社までしか面接を受ける事ができませんが、マイナビ薬剤師の場合は2~4社の面接を同時に進めることができます。

一見面接回数が増えて大変かと思いますが、その分短時間で効率的に転職活動を進める事ができ、早期の就職が見込めます。

それに同時に転職活動を進める事により面接に慣れるので、短時間で面接が上達するメリットもあります。

時間が無く早期に転職したい薬剤師にはおすすめでしょう。

企業の様子を確認できる「職場カルテ」がある!

一部の企業に限りますが、職場の様子を動画で確認する事が出来るサービスです。

やはり職場のどれだけ待遇が良くても職場の雰囲気が分からないまま応募するのは怖いので、自分の目で職場の様子を知れるので多くの転職希望者に好評です。

動画が無い企業の場合も、転職エージェントが直に現場に足を運んで情報を集めているので現場の雰囲気を知る事ができます。

マイナビ薬剤師の詳細を確認する

マイナビ薬剤師のデメリット

ここまでマイナビ薬剤師をおすすめする理由を紹介してきましたが、もちろんデメリットも存在するのでご紹介します。

転職エージェントの押しが強い

転職をする事を既に固く決めた人は良いのですが、自己分析をしながら本当に自分は転職をして良いのか?今の職場に留まった方が良いのか?

そんな迷いを抱えていた転職者に対して、既に転職をする方向性でどんどん話を進めていくので やりずらさを感じた例もあるようです。

転職サービスと言う事でエージェント側にもある程度ノルマなどがあるでしょう。

しかしそこで無理に転職をしても必ずしも良い転職には結びつかないので、エージェントとの相性が合わないようであれば、変えてもらう事も頭に入れると良いかもしれません。

ヒアリング力は高いが提案力が弱い

面談に強みを置いているだけあって、ヒアリング力が強く自分がこれから何をしたいのか?これからどうなりたいのか?と言った自己分析などの分野は強い傾向があります。

しかしそれを受けてどのような求人を紹介するのか?となるとテンプレートに収まった提案に留まる印象を受けるとの声が多いようです。

正社員・パートの求人を専門としているので派遣の求人が無い

マイナビ薬剤師は正社員・パート・契約社員の求人しか取り扱っておらず、派遣の求人は存在しません。

しかし期間を決めてつなぎとして働く派遣の働き方はできませんが、同じような条件で正社員として働けるようにエージェントに相談する事も可能です。

一度自分の希望をエージェントに伝えてみて求人を見繕ってもらうと正社員でも派遣と同じような働き方ができるかもしれません。

マイナビ薬剤師の詳細を確認する

マイナビ薬剤師の口コミ

公式サイトにも口コミは存在しますが、どうしても良い評価をしている口コミばかり目立ってしまう印象がありますよね。

そこで実際にネットで生の声を集めましたのでご紹介します。

良い印象の口コミ

Aさん

給与面での不満は無かったのですが、職場の人間関係に不満を抱いていたので転職を決心しました。話を聞いてもらって転職の話を進めるのかと思ったのですが、まさかの今の職場に留まる事を進めてきたので驚きました。

Bさん

初めての転職で退職や失業保険・・・履歴書の書き方や面接の仕方など・・・分からない事だらけだったのですが初歩の初歩から細かく説明して頂き、スムーズに転職することができました。

マイナビ薬剤師の詳細を確認する

悪い印象の口コミ

Cさん

産休明けに保育所から近い薬局に転職しようと思い登録しました。ただ・・・紹介される求人は馬鹿正直に該当エリアに当てはまる物のみで、しっかりと考えて提案してくれているようには感じませんでした。

Dさん

忘れた頃にメールが届くぐらいのメール頻度だったのが残念だった。もう少し密に連絡を取り合って欲しかった。

マイナビ薬剤師の詳細を確認する

20代のうちに薬剤師が転職するならマイナビ薬剤師に!

薬剤師になった皆さんは6年間大学に通って資格を取得しましたよね?

一般職であれば4年制大学に現役で入学し卒業しても22歳ですが、薬剤師の場合どれだけ早く就職するとしても24歳になります。

つまり・・・薬剤師の20代は24~29の5年間だけであり、一般職と比較しても転職しやすい20代の時間が少ないんですよね。

やはり30代になると転職の難易度が上がると共に、自分の転職しよう!と言うモチベーションが無くなり転職する事自体のハードルが上がります。

そうなる前に貴重な時間である20代のチャンスを生かすためにも、マイナビ薬剤師の詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか?

マイナビ薬剤師の詳細を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA